鎌倉時代、当時の武将たちが鎌倉へ馳せ参じるために各地で使われていた街道は「鎌倉街道」と呼ばれています。袖ケ浦の鎌倉街道は総延長800m超、竹林のほかスダジイ、ヤマザクラなどの植生が見られ、文化庁・歴史の道百選にも指定されています。